火曜日

日本消費者連盟「消費者リポート」に紹介されました。

「消費者リポート No.1618」 BOOKコーナーで、『危険な化学物質から子どもを守る暮らし方』が紹介されました。




 
下記へ転載いたします。

================================
暮らしを見直してみたくなる
ー『危険な化学物質から子どもを守る暮らし方』 神聡子 著

良い本の条件とは、読み終わったら即座に誰かに伝えたくなるということではないでしょうか?
この本を読み終えた時、私は寝そべっている夫に向かって、
「ねえねえ、年末のふろ掃除に使っているカビキラーは、やっぱりやめようよ」
と訴えました。
地球環境にも良くないけれど、本人も長年アトピーが治らずにいるのですから。
少しでも暮らしの中から有害な化学物質を減らしていかなければと思いました。

著者の神さんは、日消連の会員です。本誌の2018年12月号にも掲載したグリホサートの販売中止を求める活動で、あの100円均一ショップ「ダイソー」(大創産業)に販売中止を決めさせた実践家です。
看護師であり、シックスクールに苦しむ息子さんを助けたいと「小樽・子どもの環境を考える会」を立ち上げ運動を進めてこられました。

この本では、そんな一人の母親として、子どもの健康を守るのに大切な知識を伝えています。
理論編では、食べもの、洗剤、化粧品、おもちゃなど日用品に、どれほどの有害物質が使われているか、どのように避けたらいいもかがわかります。
私がこの一年半関わってきた香害についても書かれています。生活に密着したものを取り上げながら、ごく最新の知見を盛り込んでいて説得力があります。
実践では、主に石けんの使い方を紹介し、市場にあふれる用途別の合成洗剤は必要ないことを教えてくれます。

カエルのキャラクターもかわいくやさしい気持ちになれますが、神さんの厳しい視点から伝わるか正がありました。
「なぜ安全性の確認をせず市場にでてくるのか、製造、販売を中止しないのか?国は、リスクを回避する予防的行動を企業や市民に指導していくべきなのです。」
同感です。(本誌編集長 杉浦陽子)

==================================


全国書店、ネットで発売中




北海道新聞「興味深人」で紹介されました。

『危険な化学物質から子どもを守る暮らし方』
環境アレルギーアドバイザー神聡子さんのインタビュー記事。

 

 
著者の神聡子さんが、北海道新聞の興味深人(きょうみしんしん)で化学物質から子どもを守ることについての本についてのインタビュー。

一部記事を抜粋〜〜〜〜
根底にあるのは、かつて「シックスクールの疑い」と診断されて苦しんだ息子の姿を見てだという。

◆幼い子どもを持つ親につたえたいことは。


「不要なものを使わないこと。芳香剤や消臭剤、制汗スプレーなどの化学物質を含む商品が宣伝されていますが、『本当に必要かな』と考えるみる。
丁寧に掃除したり汚れを落とすことで使わずに済む物は多いし、生物にとって、体臭も本来は大切な役割を果たすものです。そして、掃除や洗濯ではせっけんや重曹、お酢を使うといいでしょう。」

◆著書では、さまざまな具体策を提案していますね。

「実際に、有害な化学物質を避ける行動に移すかどうかはともかく、まずは知ってもらいたいと思っています。その上で、自分の生活とどう折り合いを付けるか。おもちゃや食べ物、洗剤など、何に気をつけるも良いかが、ぼんやりとでもわかってもらえると良いですね」

=================
全国書店またはネットで発売中。 
 
『危険な化学物質から子どもを守る暮らし方』
環境アレルギーアドバイザー 神聡子 著
 
アマゾンはこちら → amzn.to/2zGCPDx
 

=================

金曜日

クーヨンに紹介されました。

『危険な化学物質から子どもを守る暮らし方』が、
月刊クーヨンbook reviewで紹介されました。

2019年3月号より 
 










全国書店またはネットで発売中。

アマゾンはこちら★




週刊金曜日に紹介されました。

『危険な化学物質から子どもを守る暮らし方』が、
週刊金曜日の「本箱」で紹介されました。

2019年2月1日 1218号より
 



 




 
全国書店またはネットで発売中。
 
アマゾンはこちら☆

水曜日

第2回しめ縄レッスン in 代官山

好評につき第2回を開催いたします♪







開運招福♪ 商売繁盛♪


オシャレでかわいい♪しめ縄づくり体験レッスン

 
縁起物としてお正月に飾るしめ縄。
せっかく飾るなら、自分で心を込めた
オシャレなしめ縄を作ってみませんか?
 
プロのコサージュ作家石川恵美先生の指導のもと、
素敵なアトリエでオリジナルのしめ縄が作れる2時間の体験レッスン。
特別に難しい作業はございません。
 
開運招福・商売繁盛・家内安全など、それぞれの願いを込めて新年を迎える、
世界に一つだけのしめ縄づくり。
 
初回限定、受講料 3000円(材料費込)で参加いただけます。
 
お申し込みは、下記のアドレスにて承ります。

office@jakometei.com

リザーブストックお申込みホームはこちら
https://www.reservestock.jp/events/308019
 
ご予約は先着順とさせていただきます。
 
講師:石川恵美先生
コサージュ作家。東京生まれ。池坊脇教授。深雪アートフラワー師範修了。
アパレル数社のコサージュ製作に携わる一方、自らのアトリエやカルチャーサロンなどでコサージュ教室を開講。講師歴20年以上。2006年アトリエ兼セレクトショップ Fleur Me 西小山店、2014年に代官山店オープン。アートフラワー、アーティフィシャルフラワーによる作品づくりとレッスンを始める。著書に『花とレースのスウィートアクセサリー』(じゃこめてい出版)。
 
◆日時◆
2018年12月16日(日)
2部制
1部 11:00~13:00
2部 14:00~16:00
 
◆場所◆
Fleur Me(フルール・エムイー)代官山店

HP→http://www.fleur-me.com/

〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町8-9
東急東横線・代官山駅、JR渋谷駅より徒歩9分

しめ縄づくり体験レッスン in 代官山








開運招福♪ 商売繁盛♪

オシャレでかわいい♪しめ縄づくり体験レッスン

 
縁起物としてお正月に飾るしめ縄。
せっかく飾るなら、自分で心を込めた
オシャレなしめ縄を作ってみませんか?
 
プロのコサージュ作家石川恵美先生の指導のもと、
素敵なアトリエでオリジナルのしめ縄が作れる2時間の体験レッスン。
特別に難しい作業はございません。
 
開運招福・商売繁盛・家内安全など、それぞれの願いを込めて新年を迎える、
世界に一つだけのしめ縄づくり。
 
初回限定、受講料 3000円(材料費込)で参加いただけます。
 
お申し込みは、下記のアドレスにて承ります。
 

 
ご予約は先着順とさせていただきます。
 
講師:石川恵美先生
コサージュ作家。東京生まれ。池坊脇教授。深雪アートフラワー師範修了。
アパレル数社のコサージュ製作に携わる一方、自らのアトリエやカルチャーサロンなどでコサージュ教室を開講。講師歴20年以上。2006年アトリエ兼セレクトショップ Fleur Me 西小山店、2014年に代官山店オープン。アートフラワー、アーティフィシャルフラワーによる作品づくりとレッスンを始める。著書に『花とレースのスウィートアクセサリー』(じゃこめてい出版)。
 
◆日時◆
2018年11月24日(土)
2部制
1部 11:00~13:00
2部 14:00~16:00
 
◆場所◆
Fleur Me(フルール・エムイー)代官山店

HP→http://www.fleur-me.com/

〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町8-9
東急東横線・代官山駅、JR渋谷駅より徒歩9分





 


◆参加費◆
3000円(材料費込)
 
◆定員◆ 12名
     2部制
     1部 6名(11:00~13:00)
     2部 6名(14:00~16:00)
 
◆予約方法◆
お名前、当日の連絡がつくお電話番号、1部、2部のどちらか希望お書きの上、
下記のメール宛にお送りください。
 
メールアドレス office@jakometei.com
 
リザーブストック予約ページ 
https://www.reservestock.jp/events/298523
 
◆キャンセルに関して◆
キットを事前にご用意するために、キャンセルはレッスン当日の1週間前までとさせていただきます。1週間前までにキャンセルのご連絡がなく当日参加されない場合は、キャンセル料が100%発生いたします。
ご希望の方には、後日、しめ縄のキットをお送りいたします。ただし、しめ縄キットの送料はご負担いただきます。
 

火曜日

寄付活動 かながわ海岸美化財団様へ

『相模湾の四季 逗子サンゴものがたり』の売り上げの一部を公益財団法人かながわ海岸美化財団様に寄付いたしました。

これからも、この写真集の売り上げの一部を海の環境を保護する活動団体に寄付してまいります。





 

かながわ海岸美化財団HP

『相模湾の四季 逗子サンゴものがたり』

全国書店、またはネットで。
アマゾンはこちら


かながわ海岸美化財団の目の前に広がる相模湾。
烏帽子岩と江ノ島が同じに見られる美しい海岸です。
この日は、台風が過ぎたばかりだったので、
海岸沿いにごみがまだ多少残っておりました。
財団では、こういった海岸にある相模湾に面する海岸すべてで、
ゴミを清掃する活動をしています。
ゴミは漂着するものより、河川から流れてくるものが大半で、
いかに町で生活するごみを河川に捨てないかが課題となっています。
また最近では、家庭ごみをあえて海岸に捨てる人、また、バーベキューのゴミがものすご利用になってきていることも問題となっています。
海で楽しく過ごすことは素晴らしいことですが、
ゴミはかなならず持ち帰ることが最低限のマナーです。
ゴミが環境に与える影響は大きく、
海を汚すことは、結局、私達の生活にすべて跳ね返ってきます。
美しい海を残すことは、子どもたちの未来につながります。

遠くに見えるのは烏帽子岩。


江ノ島