金曜日

第3回NHA東京講演会 10月6日(土)

第3回 NHA東京講演会 10月6日(土) 
 
子どもの内なる豊かさを育てる
最新コミュニケーション法 NHA 










 
 
*講演内容* 
 
NHAの根本理論をビデオなどを見ながら解説します。 
 
前回同様、ADHD,アスペルガ―など、難しさを抱えた子どもたちに対し、 NHAを使って
子どもが自ら心を養っていく力を育てていく方法をお伝えします。
 
講師の体験例をもとに、NHAによる問題行動の改善例などをわかりやすく説明いたします。 
  

*NHAとは* 
 
心や発達の様座な問題を抱えた子ども(ADHDやアスペルガ―など)に対して、薬を使わず改善する方法として心理学者ハワード・グラッサー氏が考案した新しいコミュニケーション法です。 
 
その効果は、問題行動などの改善だけにとどまらず、学力の向上などその効果がアメリカの療育施設や学校で実証されています。 
 
アメリカでは、全米50州で採り入れられ、世界にも広がっています。 
 
*考案者ハワード・グラッサー* 
 
アメリカの心理学者。子ども成功財団の創始者としても知られ、テレビ、ラジオなど多くのメディアで紹介され注目を集め、「子どもが薬物に頼らない治療法を紹介しているもっとも影響の力のある人物」としても評されています。 
 
また、NHAに関連する書籍は、全米でベストセラーになっています。 


 
講師 山本麗子* 



 
東京女子大卒業。 

コロンビア大学院社会福祉修士号取得/NY州社会福祉士認定。 

精神分析研究所にて修士後の訓練を受ける。 

NY州立精神病院、外来メンタルヘルスクリニック、2001年9.11テロ事件後の州立メンタルヘルス支援プログラムなどで勤務。NY市で心理カウンセリングオフィスを個人開業。 

コロンビア大学社会福祉士スーパーバイザー研修終了。 

2003年、静岡市に移住、心理カウンセリング想月を開業。 

2015年個人的体験から難しい子どもへのアプローチとして開発されたNHAに興味を持ち、トレーナーとし研修を受ける。 

大きな癒しの効果を実感し、日本でNHAを紹介していくことをミッションとする。 

主な著書に「逆転のコミュニケーション法 NHA こころを育てるアプローチ」(じゃこめてい出版) 
 アマゾン→https://amzn.to/2JF9X0E


 
 


















対象:
子育ての辛さを感じている親(子どもの年齢は問いません) 
気になる子に関わる保育士、教師など。 
 
開催日:2018年10月6日(土) 
 

開場:13:30 講演 14:00~17:00 
  

会場:わなびば333 4F 
 
〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-3-3 

JR総武線快速線「馬喰町駅」、都営新宿線「馬喰横山駅」、 
都営浅草線「東日本橋駅」/A2出口徒歩1分 
日比谷線「小伝馬町駅」/徒歩5分 


参加費 3000円(税込)  
 
お申し込みは、下記のメールにて承ります。
 
office@jakometei.com

電話 044-385-2440
FAX 044-330-0406
 
担当:石川
 
NHAに関するお問い合わせは、
 
カウンセリング想月 
電話054-340-0700 (月曜休み)
HPはこちら http://nhajapan.com/

水曜日

新刊『逗子サンゴものがたり』発売のお知らせ

7月30日より全国発売!
『相模湾の四季 逗子サンゴものがたり』 
  長島敏春 著
 

 
東京から1時間弱。鎌倉近くの海に、南の海にも匹敵するサンゴ群が存在する。
これまでその存在をしられながら全貌を知られることがなかった「逗子サンゴ」群の春夏秋冬をおさめた貴重な記録写真集。

東京、千葉、神奈川に囲まれた相模湾は、世界的にも豊かな海と評される。
その豊かさを証明してくるのは、まさしくこの「逗子サンゴ」群。
黒潮が流れ込む場所に位置し、豊かな自然環境に恵まれた海で、そのサンゴは驚くほど多様な生き物たちを守り育んでいる。
その素晴らしい生態系を生き生きと撮られた貴重なネイチャー写真集。
 
【長島敏春】
 世界のサンゴ礁を訪れて撮影を行う。同時に、様々なメディアに、サンゴの危機的状況を発信し続けている。現在は、神奈川県逗子市に拠点を構え、逗子のサンゴを撮り続けている。主著として『サンゴの海』『マングローブ生態系探検図鑑』(ともに偕成社)がある。
「生命のサンゴ礁」長島敏春 HP
http://www.sangokun.com/